ヨガ道

ヨガの資格取得に関する情報サイトです。

当サイトではヨガの資格についての説明を行います。
内容は全体的な概要のほか、生徒さんに教えるために必要であるかどうか、どのような方法で取得するかという方法について、種類はいくつあってそれぞれどのような特徴があるのか、そしてそれを活かした仕事の見つけ方などを一つ一つチェックしていきますのでどうぞ御覧ください。
安定した人気があり、これからも更に多くの人が始めようとしている裾野の広さも魅力ですので、一歩先を行った自分自身のスキルアップとしてたいへん魅力的です。

ヨガの資格とは

ヨガの資格とは 近年若い女性を中心に大きなブームを見せている「ヨガ」とは、サンスクリット語で「繋がり」という意味があります。
これは、自分自身の心と身体が繋がっているということを意味しており、さまざまな呼吸方法や身体の緊張を解きほぐす姿勢、瞑想の時間などを組み合わせて安定した気持ちの安らぎを得ることができるものです。
現代に生きる人達は、多くの外的要因によって体と心のバランスが乱れがちとされており、健康に関しても良くない影響が現れていることが指摘されています。
ヨガはそれらをコントロールして、意識的に修正をしていく内容の運動です。
正しい方法を実践しなければ効果がありませんので、しっかりとヨガに熟知した専門資格を有しているインストラクターの存在も、たいへん重要となっています。

名前から流派が分かるヨガインストラクターの資格

名前から流派が分かるヨガインストラクターの資格 インストラクターの資格の名前には流派を冠しており、分かりやすく知ることができます。
一例をあげるとアイアンガーヨガインストラクターは日本アイアンガーヨガ協会が制定しており、アライメントを重視してリラクゼーションだけではなく強い肉体や精神を作るのが特徴です。
クリパルヨガインストラクターは心、体、精神の3つのステージを軸にした独自のメソッドで認定制度が制定されています。
終了後にはアメリカの全米ヨガアライアンスRYT200も登録が可能で、海外で活動したい方のファーストステップとしても人気です。
ここ数年でメソッドを採用したスタジオが徐々に増えているシヴァナンダヨガインストラクターはカナダに本拠地を置き世界40ヶ国に広がる流派で、5つの要素による考え方でより深く理解することを目指しています。
独自の認定制度が提供されていますが、日本国内では試験は行われていません。
ティーチャー・トレーニングを受けるにはアメリカやカナダ、インドなど現地のアシュラムに滞在して受講する必要があり、規則正しい生活をしながら学び認定を受けるというシステムです。
いずれのケースにおいても、自身の目標に合わせて適切な資格の取得を目指したいところです。

ヨガ資格取得に関する情報リンク

千葉 ヨガ 資格

copyright (C) 2018 ヨガ道. All Reserved.